地球環境に優しい生活をするなら、住宅エコポイント

特徴

地球環境の保護を目的とした国策制度の一つとして、「住宅エコポイント」があげられます。この住宅エコポイントとはどういった制度なのか、その特徴について詳しく紹介しています。

Read More

長期滞在に最適

長期滞在を行なうときに利用したい施設がウィークリーマンションです。ウィークリーマンションは入居や退去手続きが容易に出来るうえに、家電も設置されている為、快適に過ごすことが出来ます。

Read More

不動産の投資

不動産投資を行う場合、不動産投資のノウハウを学ぶ必要があります。限られた予算の中で最大限の効果を発揮するには、不動産評価の方法等を知ることが大切です。知識を持つことで査定額が適正か知ることができます。

Read More

復活した制度

住宅エコポイントが復活です

住宅エコポイントが2年半ぶりに名前も新たに復活します。住宅エコポイント制度は3月10日から申請が始まりました。住宅エコポイントとは自身が居住するエコ住宅を新築かリフォームする時に付与されるポイントです。エコ住宅の対象となるには一定の基準があります。エコ住宅を新築する場合は30万ポイント、エコリフォームの場合は上限が30万ポイントとなっています。このポイントはエコ商品やエコ商品券、被災地特産品などへの交換のほか、一般的に流通している商品券や旅行券に交換できます。多少の違いはありますが、30万ポイントで30万円分の商品券などと交換できます。それ以外にも環境問題に取り組む団体や、被災地復興のために寄付することもできます。

ふるさと納税の控除額が倍になります

もう一つ今年の節税の目玉が、ふるさと納税です。ふるさと納税は従来の制度でも十分節税効果がありましたが、4月からは控除額が2倍になります。又、寄付先が5件までなら確定申告が不要になります。例えば今まで2万円が限度額だった場合、2万円を寄付すると2000円を除いた全額が控除の対象になり、所得税の還付と住民税の控除が受けられました。これが4月からは限度額が4万円になります。ご自分の限度額を調べるためには、ふるさと納税関連サイトにシュミレーションがあります。そちらに入力するとすぐにわかります。先ほどの例では4万円寄付すれば38000円が控除された上に、寄付先からお礼の品が届きます。住宅エコポイントの制度は平成28年3月末までの着工分ですし、ふるさと納税もいつ又制度がかわるかわかりません。お得なうちに、これらの制度を利用しましょう。